詳細に

犬の子犬の保護-それは本当に存在しますか?


小型犬が子犬の保護を楽しんでいるということは、多くの犬の飼い主を落ち着かせ、年配の犬は最愛の人に何もしないと思わせる考えです。しかし、より大きな犬に会うとき、あなたのプロテジェに実際に何も起こらないでしょうか? 子犬と成犬の出会い:子犬の保護は適用されますか? -画像:Shutterstock / AnetaPics

まず最初に:子犬を歩く人は誰でも注意深い目を保ち、小さな犬が困ったときに他の犬に会ったときに介入する必要があります。彼を保護するのは、子犬の保護ではなく、他の犬の良い行動です。ただし、すべての犬が行儀がよく、社交的であると盲目的に信頼するべきではありません。

制限付きの子犬保護

子犬の保護は、犬の自然な行動であり、自分の種を保護するのに役立ちます。このため、他の犬と会うときではなく、自分のパックに適用されます。さらに、子犬の保護は通常、生後最初の14週間で終了します。つまり、あなたの小さな毛皮の鼻があなたと一緒に動く時間です。したがって、歩くときは、次のことを考慮する必要があります。

他の犬に会う

十分に社交的で訓練された犬は、大小の4本足の友人、穏やかで賑やかな犬を知っています。彼は通常、あなたの子犬に優しくて辛抱強く、たとえそれが少し強引で嵐のようであっても、彼の行動に耐えます。もし彼が彼を自分の場所に置いたら、それは素晴らしいことですが、彼は身体的に劣った犬を傷つけないように気をつけます。

犬の子犬用のオリジナル機器の購入:ヒント

子犬を購入したい場合は、通常8〜10歳でできます。

しかし、他の犬がまだ若く、発情している、または社会的弱者である場合、子犬にとってはあまりにも粗く、噛まれることさえあり、介入する必要があります。したがって、常に心に留めておいてください:通常、若い犬に対して寛容です。これは子犬に愚か者の自由を与えません。