情報

動物の火葬場:亡くなった猫を火葬する

動物の火葬場:亡くなった猫を火葬する



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

動物の火葬場では、亡くなった猫を火葬する機会があります。人々の埋葬とは対照的に、ベルベットの足の灰を持ち帰ることができます。火葬は死体のレンダリングに代わるものであり、しばしば価値のないものと認識されており、庭が利用できない場合は埋葬に比べて安価です。 画像:Shutterstock / Liliya Kulianionak

猫を火葬しましょう:価値のある埋葬

多くの人にとって、猫は友人や家族の役目を果たします。最愛のパーラータイガーが死んだ場合、それに対応して威厳のある埋葬を受け、他の多くの動物がいる動物処理施設で燃やさないでください。自分の庭がなく、動物の墓地に土を埋めるのが高すぎると感じる人には、猫を火葬するという選択肢があります。

動物の火葬場は、この埋葬のさまざまなバージョンを提供しています。 1キロ未満の小動物にはしばしば共同火葬が行われますが、猫などの大きな動物では個々に火葬するのが一般的です。人が埋葬されたときと同じように、番号が付けられた粘土質の石は、愛する猫の灰を後で持ち帰ることを保証します。それらを棚の骨nに入れておくか、外に散らすかは完全にあなた次第です。

動物の火葬場:葬儀の費用

あなたの最愛のかわいいトラを、その死後に動物の火葬場で火葬したい場合、サイズに応じて約350ユーロを期待する必要があります。その後、骨nで骨urを埋めたい場合、故人のビロードの足を数年間埋葬する場合、約250ユーロの追加費用を支払う必要があります。排他的にしたい場合は、猫を火葬するだけでなく、その残骸からダイヤモンドを作ることもできます。約3,000ユーロで、0.2カラットの宝石の輝きが生き続けます。

0コメントログインしてコメントする


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos