情報

犬用ハーネス:正しく装着する方法

犬用ハーネス:正しく装着する方法



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

初めて犬用の犬用ハーネスを着用したい場合、新しく取得した襟の代替品について少し困惑するかもしれません。どのタブがどこに属し、バックルをどこで閉じますか、そして犬のハーネスが適切に装着されたときにどのように気づきますか?それを説明します。

どのモデルを選択しても、犬用ハーネスを購入するときは、正しいフィットに注意を払うことが非常に重要です。これを行うために、彼らはあなたの犬の首と胸囲を測定します。後者は、肘のすぐ後ろの犬の胸の最も広い部分で測定されます。これを行うには、測定テープをゆるく貼って値をメモします。

ペットショップから、またはオンラインオーダーで適切な犬のハーネスを購入できます。

犬用ハーネスを装着する:仕組み

あなたが初めてハーネスに犬を乗せたとき、あなたの時間をかけてください、彼はそれに慣れなければなりません。最初に展開し、その前に保持します。彼は安心してそれを嗅ぐことができます。それからあなたの犬を「座らせ」て、彼の後ろに座らせます。犬の料理を正面から載せようとすると、怖がる場合があります。

一部のモデルには、脚用に設計された2つのタブがあります。最初に犬の右前脚を持ち上げ、右フラップに通します。次に、左フラップ付きの左前脚がオンになります。今、あなたは皿を置き、背中のバックルを閉じることができます。

いくつかの犬のハーネスも胸の前に配置されます。この犬のハーネスを犬の頭の上に引っ張ってから、背中にかけます。その後、バックルで閉じます。犬が頭の上に何かを引っ張っても気に入らない場合は、首のループを開いて首輪のように結ぶことができます。

犬のハーネスを適切に装着して犬を賞賛してください。また、このプロセスがまもなく彼にとって人気のあるルーチンになるという御treat走で彼を説得することができます。

リーシュガイダンス:犬をリーシュに慣れさせる方法

首輪と鎖は犬にとって自然なものではありませんが、残念ながらそれなしでは今日は不可能です...

犬用ハーネス:チェックシート

犬用ハーネスは通常、装着後にサイズを調整できます。あなたの犬がくびれを感じないように、あまりにもきつく座ってはいけません。しかし、あなたの犬が歩きながら抜け出せるほど簡単であってはなりません。ハーネスにフロントリングがある場合、犬の胸骨に圧力をかけないことが重要です。リングは上または下でなければなりません。

皿はまた動物に十分な足部屋を与えるべきです。大型犬にとっては、肘の後ろの手の幅についていることが最善です。小さいものの場合、距離を少し短くしても問題ありませんが、ベルトは脇の下に直接座ってはいけません。さもないとこすれます。

これで、ひもを着けて、散歩を始めることができます。犬が歩行中に不快感を感じる場合は、犬のハーネスの位置をもう一度確認する必要があります。

犬のハーネスを装着してフィットを確認する方法の概要は、次のビデオに記載されています。

第二部:専門小売店から適切な犬用ハーネスを入手する


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos