情報

犬の生肉を与えることの長所と短所

犬の生肉を与えることの長所と短所


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ローフード革命はオーストラリアの獣医博士によって開拓されました。多くの使役犬はローフードで繁栄していますが、それがすべてのペットに適しているかどうかについてはまだ審査員が判断していません。さまざまな長所と短所があります。

健康上の利点

生の食事を与えることに関連する健康上の利点の中には、より光沢のあるコート、より良い消化機能、より強い免疫システム、そしてより健康な肌があります。多くの犬の飼い主が生餌を選ぶ主な理由の1つは、食事に化学物質や防腐剤が含まれておらず、穀物が少ないことです。ビリングハースト博士は、犬は死骸や骨の腸にある未加工の未調理の肉、半消化された植物を消化するのに最も適していると信じています。

よりきれいな歯

生物学的に適切なローフードダイエット、またはBARFダイエットは、生の骨を必要とします。ここでの明らかな利点の1つは、骨が犬の歯を清潔で健康に保つのに役立つことです。骨を噛むことによる摩擦により、歯垢や腐敗した食物が取り除かれます。一部の犬は時々骨をかじる場合がありますが、生の食事をしている犬の場合、骨は栄養バランスの不可欠な部分です。

小さい便

犬の野生の食習慣をエミュレートする食事を処理するために必要な無駄と消化の労力が少ないため、便は通常小さくなります。住宅所有者の観点からは、これは常に歓迎すべき救済ですが、小さな便は通常、強力な消化器の健康と最適な栄養の兆候です。便は無駄なので、無駄が少ないということは栄養が良いということです。

窒息の危険

犬に骨を与えるとき、歯の損傷、内部の穿刺、そしてより一般的には窒息のリスクが常にあります。しかし、これらのリスクは、未調理の骨だけを与えることで最小限に抑えることができます。調理された骨はよりもろく、砕けやすくなります。

衛生

生肉にはバクテリアがたくさん含まれていますが、幸い犬は胃の中に塩酸が多く含まれているため、そのようなバクテリアに対する強い耐性があります。ただし、免疫系の問題や消化器系の病気の犬は、それほど頑強ではなく、細菌によって悪影響を受ける可能性があります。人間はそれほど幸運ではないので、生肉の取り扱いがバクテリアの拡散を引き起こさないように特別な注意と努力が必要です。寄生虫も生の食品を与える際のリスクであるため、新鮮で十分に調達された生の肉のみをメニューに含める必要があります。飼い主の観点からすると、生の餌を与えることは、缶やドッグフードの小袋を開けるのに比べて面倒です。ストレージも問題です。生肉は乱雑で、慎重な取り扱いが必要で、少し臭いがすることがあります。

カルシウム欠乏症

ローフードダイエットでは提供できないものの1つはカルシウムです。野生の犬はより健康的な内臓とより光沢のあるコートを持っているかもしれませんが、飼い犬ほど長くは生きません。この理由の1つは、カルシウムが不足しているために骨がより早く変性することです。つまり、効果的に狩りをすることができません。飼い犬はカルシウムを必要とします、さもなければ骨と関節の変性が加速されます。

参考文献


ビデオを見る: アメリカンブリーはやめておけ犬を飼う前に見て知って欲しい動画7選 (六月 2022).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos