情報

犬はいつ子犬の授乳を開始しますか?


生まれたばかりの子犬のくずを扱っている母犬を観察することは、しばしば魅力的で心温まる経験です。一般的に、母犬は、ビートをスキップすることなく、授乳義務を遂行し始めます。

時間枠

子犬が完全に健康で繁栄している場合、母犬は通常、出生後できるだけ早く子犬の授乳を開始します、とイリノイ大学アーバナシャンペーン獣医学部は示しています。最初の出産直後の授乳セッションの後、母犬はおそらく数時間ごとに職務を繰り返すでしょう。

早期看護の重要性

すぐに授乳することは、1つの大きな理由から、子犬のくずにとって非常に重要です。子犬が半日以内に授乳しないと、母親の抗体や病気の免疫を受けることができなくなります。半日が経過すると、子犬は単にこれらの保護血液タンパク質を摂取することができなくなります。母乳とは別に、市販の子犬の代用乳も仕事を成し遂げることができるので、ママが何らかの理由で授乳できないか利用できない場合は、簡単に呼吸してください。

看護期間

母犬は、一度に最大45分間、新生児のプーチを給餌セッションに参加させることができます。授乳中、子犬が乳首に直接アクセスすることを争うことは珍しくありません。そのため、細心の注意を払い、すべての子犬が公平な量のミルクを受け取っていることを確認してください。状況によっては、母犬が外部の関係者に授乳過程を観察することを許可しない場合があるので、注意してください。

完全な栄養

看護は、成長中の子犬に、犬種の有益で輝く例に成長するために必要なすべてを提供します。健康な母犬が適切に子犬を育てることができれば、離乳を開始するのに十分な年齢になるまで、たとえば約4週齢になるまで、外部からの栄養補給はまったく必要ありません。母犬のミルクは、子犬の非常に特殊な栄養要求を管理するのに完全に十分です。


ビデオを見る: 愛犬Binhの授乳生後72時間 (八月 2021).